wooo cmソング


wooo cmソングが気になったので、調べてみました。日立WoooのCMキャラクターにTOKIOの長瀬智也を起用したテレビCMを見て、その薄型テレビよりも、CMソングが気になるということは、この宣伝は成功ですか、失敗ですか、そんなことまで気になってしまいました。そのCMとは、超薄型テレビWOOOをもはや壁に貼るテレビとしてシリーズ化してテレビなのにHDDに録画が出来る機能を備えそのすばらしさや快適さや時代の最先端を行く製品であることを人気タレントを起用してイメージと高感度をアップさせたコマーシャルですが、このコマーシャルの目的である超薄型テレビWOOOが欲しいという欲求より、このCMソングはなんと言う歌手のなんという歌なのか、その欲求のほうが勝ってしまった方は、ほかにもいるようです。最近のコマーシャルはその宣伝するべき商品よりも挿入ソングのほうが人気になることもめずらしくありません。



wooo cmソングはこれだ!


ストラングラーズ(The Stranglers)!
イギリスで70年代最も人気があったパンクロックバンドでパンクロックやニューウェイブの元祖的な存在です。今は3人のオリジナルメンバーを中心にして活動を続けている。そのストラングラーズ(The Stranglers)が、キンクス(The Kinks)の曲をカバーしている。そのカバー曲が「All day and all of the night」どうも、2006年に行われたロンドンでのライブバージョンが使われているようだ。実はキンクス(The Kinks)の歌って結構CMで使われていて、キムタクのドラマ予告にも「I Gotta Move」が使われていたようだ。そこで、キンクス(The Kinks)のアルバム紹介だ。オススメのキンクス(The Kinks)のアルバム「アルティメイト・コレクション」は2枚組みでディスク1には「ユー・リアリー・ガット・ミー」「オール・オブ・ザ・ナイト」「ウェイティング・フォー・ユー」「陽気にやろうぜ」「セット・ミー・フリー」「シー・マイ・フレンド」「エンド・オブ・ザ・デイ」 など24曲で「Waterloo Sunset」や「Lola」など往年のヒットシングル曲が入っており、ディスク2には他のアーティストにカヴァーされた曲やB面の曲など隠れた名曲がおおく収録され全20曲。

Woooケータイ!!
ハイビジョンテレビWoooの高精細な質感や繊細な色彩表現。さらに高コントラストで深みのあるダイナミックな映像がテレビだけでなくケータイにも活かされており、auなどでワンセグ携帯として使ってみると、そのこだわりの映像が実感できます。



タダで稼ぐ方法!

 ■■■ 自由な時間も手に入れた秘密の方法はココだよ! ■■■ 

健康食品