米粉 パン 神戸


米粉のパンが今、神戸で人気です。小麦粉の価格上昇によって安心安全でヘルシーな米粉が見直されているのです。これは、小麦のアレルギー対策やすべて国産という安全性や小麦粉より低カロリーというところなどが、消費者心理をつき、利用が急激に拡大しているのです。そして、それに目をつけたテレビ各局がいろいろな番組で取り上げて、さらに人気に火をつけたのです。「ちちんぷいぷい」「はなまる」「めざましテレビ」「ズームイン」などがそうです。従来からある煎餅や団子や大福もちや桜もちなどの和菓子には米粉は使われてきましたが、パンやケーキに使われて普及しだしたのはここ最近のことで、近年、麦相場が、中国やインドなどで食糧の需要が増えたことやバイオ燃料の原料として世界的に穀物などの需要が大幅に増えたことや地球規模での異常気候などの影響などといったことで、構造的な原因があるのに加えて、輸出規制などにより、小麦粉の代替品として国産の米粉が注目されるようになったからです。またさらに政府の農林水産省は、小麦の価格高騰により代替の原料として米粉の増産を支援することとなり、新法提出を平成21年度の通常国会に検討している。

神戸の米粉ショップ紹介


神戸市中央区北野町の米粉専門店「Koigakubo(コイガクボ)」は常時60〜70種類の商品が並び、クロワッサンやおむすびパン、それにお好み焼きパンが売れ筋です! 特に「お好み焼きパン」はテレビで紹介されて以来とても人気のパンです。 パン生地を薄く延ばしてソースをぬりキャベツとさくら海老と紅しょうがをのせて焼き上ったら、マヨネーズと鰹節をかけて二つおりにして、お好み焼きのようにソースと青海苔を振り掛けたらできあがりです。食通で有名な中尾彬さんが「今まででいちばんウマいよ!」と絶賛されたのも納得の品です。

神戸市東灘区の洋菓子のお店「シェ・コパン」では、米粉を使ったロールケーキを発売して人気です。生地が真っ白になるように白い米粉を使ったロールケーキで1日に30本も売れる人気の品です。もっちりとした食感と低カロリーがうけ、女性にはとても評判です。

神戸市北区の「平野屋本舗」では米粉を使い、有馬温泉名物の有馬温泉炭酸せんべいを発売して売り上げを伸ばしている。コメの甘みとしっかりした食感が好評で年配の方を中心に人気です。



タダで稼ぐ方法!

 ■■■ 自由な時間も手に入れた秘密の方法はココだよ! ■■■