■ 知って得する情報BOX パート2 > → かんぽの宿 彦根   

かんぽの宿 彦根


かんぽの宿は、郵政が民営化されるまでは、簡易生命保険法により簡易保険加入者のみを対象とした保養施設及び老人福祉施設でしたが、天下りなどの大きな問題の防止などにより、郵政民営化の際に旧簡易保険局から分離して、日本郵政公社直営となったことで、「**保養センター」や「**加入者ホーム」という名称を「かんぽの宿」とした。もともと郵政の簡易保険加入者の福利厚生が目的の施設であったために客数の割りに豪華な施設も多く、天下りと同様に無駄な費用をかけていたために廃止される施設も多いが、収益の望まれる施設は存続しており、民営化されたことでより価格以上の充実した施設となった。そのため、人気の宿はシーズンには予約でいっぱいになることも多い。なかでもかんぽの宿彦根は人気の旅館(ホテル)です。シーズンには早めの予約をオススメします。




■ ■>>>PR ↓↓↓ ふたりで、家族で、温泉へ行くなら! ↓↓↓ PR<<<■ ■    大江戸温泉物語お得情報

かんぽの宿 彦根

「かんぽの宿彦根」 住所:滋賀県彦根市松原町3759   電話:0749-22-8090
全室レークビューの琵琶湖のさざ波が打ち寄せる湖岸に建つ「彦根千乃松原温泉」展望風呂と近江牛や地元の旬の食材を取り入れた懐石料理がオススメの宿です。彦根カントリー倶楽部ゴルフ場でのゴルフや彦根城や大名庭園「玄宮園」や竹生島(ちくぶしま)など琵琶湖遊覧等の観光レジャーの拠点としても便利な好立地条件にの宿です。また「かんぽの宿彦根」にはバリアフリー対応の露天風呂付家族風呂「天然温泉」もあり自力で浴室利用をすることが困難である身体障害者の方にもゆっくりと安心して温泉を楽しんでいただけます。(※家族風呂は1室しかございませんので、ご予約ください。) 客室は全室琵琶湖が一望できる明るく落ち着いたお部屋で、和室34室・和洋室2室・洋室5室(うち身障者用1室)となっています。「かんぽの宿彦根」では宿泊プラン以外に日帰りで懐石料理を楽しむプランやランチバイキングや大浴場や個室や会議室の利用などもできますので、まずは気軽に出かけてみるのもいいかもしれません。レジャーシーズン真っ最中、とにかく一度、「かんぽの宿彦根」へ!

ここ彦根は井伊家の35万石の城下町として栄えました。彦根城博物館には当時の井伊家の文化がわかる多くの美術工芸品や古文書などが展示されており、国宝の彦根城や大名庭園の「玄宮園」や菩提寺龍潭禅寺また青年時代に直弼が過ごした「埋木舎」等、多くの史跡も残っております。さらに琵琶湖に浮かぶ西国30番札所宝厳寺のある竹生島や多景島などの島々を巡る遊覧船が彦根港から出航しております。


■ ■>>>PR ↓↓↓ ふたりで、家族で、温泉へ行くなら! ↓↓↓ PR<<<■ ■    大江戸温泉物語お得情報


タダで稼ぐ方法!

 ■■■ 自由な時間も手に入れた秘密の方法はココだよ! ■■■ 

一眼レフカメラ