ダクタイル


ダクタイル鉄管の材質や継手の規格説明や技術説明会や接合実技の講習なども関係業者向けに開催されているのも、人々の日々の生活向上のために行われています。生活の中ではとても重要な役割思っているのです。なぜなら、上水道や簡易水道や下水道・工業用水道・農業用水道などのほかに、ガスや通信や電力事業など直接目にしないところでも、とても幅広く使われているからです。もっと具体的に列挙してみると、水道としては配水管・貯水槽・送水管・水管橋・導水管・シールド内配管、下水道としては汚水管・処理場内配管・送泥管・放流管・処理水送水管、工業用水道としてはかんがい排水用管・配水管・送水管・推進管、ガス用としては本管・支管・ガス導管、電気や通信用としてはケーブル保護管・発電所冷却水管・ゴミ輸送管・地域冷暖房管。これらの配管のいたるところでダクタイル管を使用しています。これを見ると今の生活に無くてはならないことを理解できると思います。このダクタイル管も今では技術の向上でさまざまなタイプのものが製品化されているので使いやすく丈夫になりました。


ダクタイル管 継ぎ手のタイプと機能別用途


ダクタイル管にはいろいろな継ぎ手の種類がありそれは用途などの応じて使用方法を変えています。ここでいくつか継ぎ手のタイプと機能別用途を説明します。

耐地盤変動用としては、NS型、SU型、S型、US型が適しています。将来沈下が生じると予想される場所や地震によって地盤変動が生じる可能性がある場所などにこのタイプを使います。どのタイプも離脱防止の機能や大きな伸縮性および可とう性を持ち、継手の水密性もいいのが特徴です。

離脱防止用としては、NS型、SU型、KF型、UF型が適しています。異形管部は水圧によって管を動かそうとする力が働きますので、これを離脱防止継手で防ぎます。

一般管路用としては、K型、T型、U型が適しています。開削工法おける作業がいいタイプです。

推進工法としては、T型、U型、UF型、US型の推進管が適しています。鉄道の下や道路の下や河川の下などで、開削工法のできない場所で、直接は管を押し込みます。

シールド工法用としては、U型、US型の管内から接合作業ができる管が適しています。開削工法ができない場合、事前にずい道を作りその中に管を布設する方法です。

パイプ・イン・パイプ工法用としては、耐地盤変動用のPU型、PN型の管が適しています。老朽管を非開削で行う工法で、既設の配管に新管を挿入します。

その他用としては、フランジ形式のGF型やRF型が適しています。

ダクタイル鉄管はこのように生活に密着しています。そして、このダクタイル管の製造販売で有名な企業はクボタや栗本です。つまり生活に密着した企業ということは安定した企業ということになります。求人があれば転職、就職を考えてみるのもいいかもしれません。



   タダで稼ぐ方法!

 ■■■ 自由な時間も手に入れた秘密の方法はココだよ! ■■■ 

日本レコード大賞